500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.30 10:26
4 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.30 10:23
4 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.29 12:13
3 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.28 10:00
3 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.27 12:34
コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.26 09:16
3 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.25 20:20
7 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.24 14:17
2 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.24 07:12
1 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.21 09:49
2 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.20 18:13
2 コメント
1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.18 17:13
4 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.18 16:36
1 コメント
2019.11.15 12:27
大柴広己全所有ギター解説

TRUTH TN-35 2001年製

はい、ついに来ましたメインギターの紹介です。
コイツと出会ったのは忘れもしない、おれが19歳の夏。
当時、始めたてのインターネットの掲示板を何気なくネットサーフィンしていたら、TRUTHと言う聞きなれないブランドのホームページにたどり着き、このなんとも言えない毒々しい色のギターと出会った。

いったいどんな人がどんな趣味でこんな色を塗ったんだろうと興味が湧き、使ってみたくなったので、怖いもの知らずで「モニターやらせてください、ぜったいプロになるので」と、作ってる職人とおぼしき人にメールをした。ちなみにこの文章をみんなにわかりやすく翻訳すると「おれ、ぜったい売れて、あんたのところのギターたくさん宣伝するからタダでくれよ。」である。怖いもの知らず、当時19歳の大柴広己。角刈り、天然パーマ。

普通こんなメールはスルーされそうなものなのだが(逆の立場でおれならスルーする)なんと奇跡的に職人の方からメールが届く。

とりあえずデモテープ持って工房に来い。と。

軽く小躍りし、日程を決め。
新幹線に乗るお金がなかったので、大学をサボって鈍行列車を乗り継ぎ、愛知県の弥富という街に着くと、いかにもその道ウン十年と言った、眼光は鋭いが平たい目つきのギタービルダー「福原」さんが迎えに来てくれた。

TRUTHギターは塗装&デザイン担当の福原さんと、木工の小野寺さんのたった二人で制作されている小さな工房で、到着すると思わず目移りするような制作途中のギターや、完成品とおぼしき変わった色のギターが掛かっており、弾きたくなる衝動がたくさんあったのだが「デモテープ持ってきたか?」の一言で急に現実に引き戻される。

工房の中にある木屑まみれの小さなラジカセからおれのデモテープがガチャリと音を立てて流れ出す。
今思っても、なんでそんなことをしてしまったのかはわからないが、当時のおれはCD-Rに収録できるほぼ限界の60分以上のデモをパンパンに詰め込んでしまったが故、一時間もの間、ひたすら無言ではじめましてのおっさんとおれが作ったつたないデモを聴くという、いかんとも形容しがたい時間が流れた。
自信のある二、三曲だけ入れておけばよかったものを。。

そして、その後、5時間にも及ぶお説教タイムが始まる。

「メロディーが良くない」「歌詞が何言ってるかわからない」「リズム感が悪い」「録音状態が悪すぎる」「どっかで聴いたことあるフレーズ使いすぎ」etc...

など、おおよそ考えられるありとあらゆるダメ出しを頂き、

「モニターやらせてください、ぜったいプロになるので」を翻訳した「おれ、ぜったい売れて、あんたのところのギターたくさん宣伝するからタダでくれよ。」のメールが頭の中で何度もループし、嗚呼、いったい自分はなんてメールを送ってしまったんだろう。と自分を恥じた。。

そんなこんなで、もう大阪に帰らないといけない時間になり、ありがとうございましたとお礼を言い、帰ろうとしたとき、最後のダメ出しがきた。

福「そもそもお前はやる気あるんか?」

その質問には全力で答えた。

俺「あります、絶対プロになります」

福「じゃあ、これ使ってみい。」

と、机にあったできたばっかりのピカピカのTRUTHギターを渡された。

おれは、何が何だかわからず、感動のあまり、ありがとうございますありがとうございますがんばりますといったい何回お礼を言ったかわからないくらいお礼を言って、真新しいハードケースとともに大阪に帰った。

オトナって、かっこいい。
と、本気で思った。
そして、ひとりの人間の夢を託されたと、
本気で思った。

このギターはそんな福原さんから託された世界に1本だけの大事なギター。

その後、長い付き合いになる。
TRUTHギターの福原さん。

あ、
長くなるけど、
もうちょい話していい?

大阪に帰宅後、それまで以上に曲作りやライブに本腰を入れて活動を本格化していった。おれ。

さらにデモテープはレコード会社ではなく、完成するたびにひたすら福原さんに送り続けるという生活が3年ほど続く。その都度50行くらいのダメ出しメールが届いて毎度凹むのだが、へこたれず送り続けた大学卒業前の22歳の春。

自信作ができた、と送ったデモテープの返事を待つと、やはり50行くらいのダメ出しメールが届き、またダメかと凹む。
だが、最後の一行はあまり見慣れない文章だった。

「今まで聴いた中では一番いいよ」

お?
これはもしかして初めて褒められたのか?と

試しにそのデモを3本だけレコード会社に送ってみた。

そして、そのデモテープがキッカケでおれはその年の翌年「ミニスカート」というアルバムでデビューし、名実ともにプロとしての生活をスタートすることになるのだが。

思い返せば、あの時のダメ出しは結局のところすべておれに必要な事だったのだ。
人を褒めることは簡単だが、その人に必要なことを瞬時に判断し、伝えられる人間は少ない、たとえそれが不器用なやり方だったとしても。

付き合いが長くなったおれの周りにいる大好きな人たちの中に、当時おれのことを褒めてくれた人間は1人も残っていない。残っているのは、真剣におれのことを叱ってくれた、そんな人たちだけ。

おれがレコード会社をクビになりそうだった27歳の時、一番に電話をくれたのも福原さんだった。

福「お前最近どうなのよ?」

俺「全然ダメですわ、レコード会社も事務所ももうクビになりそうでー」

福「それはどうでもいいけどな。お前はミュージシャンちゃうんか?」

俺「まあそうですけど」

福「俺は朝6時には起きて、メシを食い、遅くても8時には工房に行って仕事を始めて、一時間くらい休憩はすれど、夕方の17時くらいまで一日8時間はずっとギターのことを考えて、ギターに携わってるから、ギタービルダーでいられるんや。」

俺「そうですね」

福「じゃあ、お前はミュージシャンなら音楽のこと一日8時間以上考えられてんのか?」

俺「、、、」

福「上手くいかないこと事務所やレコード会社のせいにするんじゃなくて、お前がミュージシャンとしてやれることがたくさんあるやろ。がんばれよ。じゃあな。」

俺「、、泣」

一本のメール、そして、一本のギターがキッカケで大切なことに気づかせてくれたこと。
そして、いまもこうやってミュージシャンでいられること。

このギターはおれの音楽人生そのものです。

ずっと感謝してます。ありがとう。

TRUTH GUITAR工房「for M」
https://www.truth-guitar.com/
5 コメント
11ヶ月前
カミュ。
鳥肌3回、ゾクゾクした!
ここ数年、ライブで聴けるのが貴重になってきた青鬼。イチバンかっこよくて、最高に震える。アコギにときめくなんて、思ってもみなかったよ。笑
ステキなお話しで、もっとtruth大スキになって大変。
なんかシアワセ。
長文おつー。ありがとね。
出逢えてよかった。
11ヶ月前
大柴広己
ボロボロになってきたからね、以前みたいに酷使はできんけど。また連れて行くよー。青鬼ちゃん。
11ヶ月前
GAMI
何回も読んだー、長いけどw そして、
ちょっと感動でホロリきましたw

今思えば、この子がいなかったら、こーやって、ここにはいないのかもなー。。初めて会った大柴サンは、この子を抱えて、とんでもねー(いい意味で)ギターさばきで、「なに?この人は!!」って、惹き付けられまくったから。

やっと、この子の事情知れて、嬉しい♪
この子抱えとる大柴サン、大好きー!!
早くまた、会いたい聴きたい♪
なので、近々ライブ予約入れますねーん♪w
11ヶ月前
大柴広己
自分の思い描く音は全部これ一本で出せちゃうのよね。ライブで待っとるよー
11ヶ月前
.+:。 ☆エリィ☆。:+.
長文、読み進めていく中📖
唯々、ただただ、泣けた😭
(言葉にできない感動。。。ありがとぉ✨)
11ヶ月前
大柴広己
二時間くらいかかったなあ、書くの(遠い目
11ヶ月前
あこ◇
ギターとの出会いは、人との出会いでもあるのですね✨素敵なお話をありがとう💕
11ヶ月前
大柴広己
まさにそのとおり。
11ヶ月前
yuri
昨日から何度も読み返しています
福原さん、素敵な御方ですね
角刈り天然パーマの19歳を信じて支えてくださって
そしてこんなにも強靭なミュージシャンになられた大柴さん
お互いに応えあったのですね。見えないもの信じたお二人の絆みたいなもの。

あーはやくおーしばさんのお歌とギター聴きたいです( •̆ ·̭ •̆ )
11ヶ月前
大柴広己
角刈りってところがポイントですね。笑
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.14 18:22
3 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.13 14:13
3 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.12 21:06
2 コメント
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.12 21:04
2 コメント
2019.11.11 08:53
SSW19。

今年は本当に楽しかったなあ。
イベントのテーマ通りの愛に溢れた2日間。

大阪城野外音楽堂は奇跡のように澄んだ青空

楽屋に設置されたビールサーバーから流れるビールはキンキンに冷えていて。
メガテラとかは20杯くらい飲んでたんじゃないかな。笑。

リハーサルでダイスケくんが野音の音の良さに大興奮してた。

なんかいい意味で地に足ついてない感じで、みんな今までの自分の力以上のものを出せてたんじゃないかなと思う。

その理由は、お客さんの雰囲気だったり、
この大阪城野外音楽堂の魔法のようなものだったりしたんだろうけど、このイベントが積み重ねてきたパワーそのものだったに違いない。

WE GOTTA SSW.

最後のステージに立って、歌を歌っているときに心の底からこのイベントをやってきて良かったと思えた。

皆さん来てくれてありがとう。
これからも、頑張ります。
2 コメント
12ヶ月前
maruco
SSW初参戦😎
楽しすぎて、翌日まで余韻が半端なかったです✨
あの大きな会場に響く「ぬくもり」がヤバかったです♡
おつかれサマでした!
ありがとうございました!!
12ヶ月前
大柴広己
ありがとう!弦が切れてアカペラでよかった。笑
12ヶ月前
カミュ。
はじめて野音の後方で聴いた青鬼が最高にヤバくて鳥肌だった。
最高過ぎて未だに上手く言葉にできない。
本当に愛溢れる素晴らしいひと時でした、ありがとネ。
500円/1,000円/10,000円プランから
こちらのコンテンツを閲覧できます
カギを開ける
2019.11.10 14:21
3 コメント
もっと投稿を見る

<もじゃ部 文字コンテンツ>プラン

...¥ 500 / 月
■大柴広己「全」所有ギター解説
■大柴広己ファンクラブ限定ブログ「旅先より」
■「もじゃ食堂」レシピ解説
※上記の内容を週に1回以上のペースで随時更新いたします。

■もじゃ部交流掲示板「オオシ板」にて交流このプランに申し込む

もじゃ部<音コンテンツ>プラン

...¥ 1,000 / 月
<もじゃ部 文字コンテンツ>プランの内容

■もじゃの元気が出るラジオ(月1回更新目安)
■その他、新曲デモ公開、未発表音源の公開、etc
オンラインサロンならではの音コンテンツを随時用意します。このプランに申し込む

大柴広己シンガーソングライター講座オンライン

...¥ 10,000 / 月
レーベルオーナーであるもじゃが直接あなたをディレクション!

シンガーソングライター向けのコンテンツです。

※曲のリライト(手直しのこと)、歌詞のディレクションなどをオンライン上でライン@等を使って行うサービスです。歌詞、メロディ。作りかけの曲ももちろん可。一緒に考えて制作していきましょう。もちろんプラン参加の期間中は何曲でも可。このプランに申し込む